日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。


お電話でのお問い合わせはこちら 03-6667-3400


【日本リサーチセンター】Home >> お知らせ一覧 >> お知らせ詳細

お知らせ

千葉大学から委託された
「くらしと社会に関する意識調査」を実施しています

公表日 2009年12月4日

 株式会社日本リサーチセンター(本社・東京都中央区、社長・鈴木稲博)では、国立大学法人千葉大学 公共研究センターの委託を受け、以下の方々を対象に、「くらしと社会に関する意識調査」を実施しております。
お忙しいところ、誠に恐れ入りますが、アンケートの趣旨をご理解の上、ぜひともご協力下さいますよう、心よりお願い申し上げます。

【アンケートの目的と内容】
 国立大学法人千葉大学では、「持続可能な福祉社会」(Sustainable Welfare Society)の実現を研究の中心テーマにすえた教育研究拠点を目指して、公共研究センターを開設し、人口減少・少子高齢・地球温暖化などという状況のもとで、どのように持続可能なコミュニティを形成していくのかについて、研究をすすめています。今回、その研究の一環として、地域・社会のありかたや日々の暮らしについて皆様からご意見をお伺いし、持続可能な福祉社会の実現に向けた政策提言に役立てるための学術研究資料とさせて頂きます。

【アンケートをお願いする方】
 全国にお住まいの20歳以上の男女、1000人の方々(訪問調査)

【調査期間】
 2009年(平成21年)12月〜1月

国立大学法人千葉大学 公共研究センターのホームページはこちら
http://www.shd.chiba-u.ac.jp/~coe21/

※この調査は終了致しました。 ご協力有難うございました。