日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。


お電話でのお問い合わせはこちら 03-6667-3400


【日本リサーチセンター】Home >> お知らせ一覧 >> お知らせ詳細

お知らせ

東京大学大学院医学系研究科・医学部 精神保健分野から委託された
「第2回こころの健康についての疫学調査
(世界精神保健日本調査セカンド)」を実施しています

公表日 2013年10月10日

 株式会社日本リサーチセンター(本社・東京都中央区、社長・鈴木稲博)では、東京大学大学院医学系研究科・医学部 精神保健分野から委託された、「第2回こころの健康についての疫学調査(世界精神保健日本調査セカンド)」を実施しております。
 本調査は、2010年代半ばの日本地域住民における心の健康問題の頻度や影響、またそれらに影響を与える要因について検討することを目的としています。
 2002年から2006年にかけて行った「第1回こころの健康についての疫学調査」では、日本におけるうつ病や自殺などの心の健康問題の頻度や受診行動の実態、子ども時代の経験が心の健康問題に与える影響、心の健康問題が生活に与える影響などが明らかになりました。
 今回の研究では、第1回調査と同じ方法・内容の調査を行い、過去10年間の日本の心の問題やその影響の変化を明らかにすることを目的としています。特に今回の調査では、日本全国にお住いの地域住民の方々を無作為(ランダム)に選んで研究へのご参加をお願いするため、心の健康問題に関する日本全体の状況を明らかにすることができます。また本調査では、心の健康問題に関する地域調査の方法を改善してより正確な調査ができるように、調査方法の評価を行います。

  ご多忙のことと存じますが、調査の趣旨をご理解いただき、何卒ご協力くださいますようお願い申し上げます。

【調査の種類】
調査員がコンピューターを用いて行う面接調査(回答にかかる時間は、90分から120分程度です)と、17ページの留め置きアンケート票の2種類があります。
面接調査は、調査員がご都合のよい日時にお伺いして実施させていただきます。
留め置き票は、一定期間お預けしてご記入いただけたタイミングで、調査員が受領に伺います。

【調査実施主体】
東京大学大学院 医学系研究科 精神保健学分野 
研究責任者:東京大学大学院 医学系研究科教授 川上憲人
担当:梅田麻希、北川砂織
所在地:〒113-0033  東京都文京区本郷7-3-1
電話:03-5841-3364  ファックス03-5841-3392
ホームページ: http://plaza.umin.ac.jp/heart/index.shtml

●調査対象: 関東にお住まいの方 計1650人


東京大学大学院医学系研究科・医学部 精神保健分野についてはこちら
http://plaza.umin.ac.jp/heart/index.shtml

※この調査は終了致しました。 ご協力有難うございました。