日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。


お電話でのお問い合わせはこちら 03-6667-3400


【日本リサーチセンター】Home >> お知らせ一覧 >> お知らせ詳細

お知らせ

NRCプレゼンス:今こそ実施すべき「気づき」を得る調査

公表日 2014年02月28日

日時 平成26年3月19日(水) 15:00〜17:30
会場 (株)日本リサーチセンター 1階ホール
住所 東京都中央区日本橋本町二丁目7番1号 NOF日本橋本町ビル(受付1階)
TEL:03-6667-3400 http://www.nrc.co.jp/
JR総武本線新日本橋駅 5番出口より徒歩3分
東京メトロ日比谷線小伝馬町駅 3番出口より徒歩6分
東京メトロ銀座線・半蔵門線三越前駅 A6出口より徒歩5分
都営浅草線人形町駅 A5出口より徒歩8分
内容
@ 今こそ実施すべき「気づき」を得る調査
講演:辻中 俊樹 氏(株式会社東京辻中経営研究所 所長)
 (1)「気づき」を得て活かすために
 (2) <生活者>を知るための基本フレーム
 (3) 定性情報から始める意味
 (4) <n=1>を知りつくす
 (5) <生活者>自身が気づかないことを掘り起こす
A 生活者のインサイトを分析するマーケティング・リサーチ
案内:小口 裕 久米 幸子
 (株式会社日本リサーチセンター イノベーションラボ)
 (1) イノベーションに貢献するマーケティング・リサーチとは
 (2) NRCのリサーチ・ソリューションのご紹介
B 質疑応答
参加費 無料
お申込 参加ご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。

辻中 俊樹 氏 ご略歴

昭和28年3月生まれ。青山学院大学文学部卒。
(社)日本能率協会などを経て、昭和57年に東京辻中経営研究所の前身となる(株)ネクスト・ネットワークを設立。

生活を24時間スケールで捕捉する『生活カレンダー』方式によるリサーチワークを確立。団塊ジュニアに関する基礎研究をまとめ、「15(イチゴ)世代」というキーワードを世に送り出すなど、その「生活シーン分析」は評価が高い。

団塊ジュニア世代のみならず、団塊世代、新人類世代から高齢者に至るまで他世代の世代分析・研究についても造詣が深く、特に最近、「生活心理分析」で定評の高いガウス生活心理研究所の油谷遵氏と共にまとめた『21世紀の生活価値展望』研究は、内外の注目を集めている。

業種業態の別なく商品開発、売場づくり、戦略策定などトータルマーケティングの実施を行う。新聞、雑誌、ラジオ、テレビ等への寄稿、コメンティング等多数。

  • 1986年『21世紀ビジネスアイ』誠文堂新光社
  • 1988年『団塊ジュニア−15世代白書』誠文堂新光社
  • 1989年『団塊ジュニアをつかまえる法』こう書房
  • 1990年『サムタイムミセスは育ち盛り』誠文堂新光社
  • 1992年『「その他」の動きに見る都市消費の変貌』PHP研究所
  • 1994年『ヤングマイスターが日本を変える』メディアファクトリー
  • 1996年『母系消費』同友館
  • 1997年『生活満店100』PHP研究所
  • 1999年『21世紀の生活価値展望』3冊連続シリーズ
    Vol.1「50以上の世界」みき書房Vol.2「終わらない春」みき書房Vol.3「持続可能な日本」みき書房
  • 2005年『トランジットライフ マーケティング白書「団塊が電車を降りる日」』東急エージェンシー 
  • 2013年『宣伝会議9月号より連載「生活導線を読み解く!」』宣伝会議

※好評のうち終了致しました。