日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。


お電話でのお問い合わせはこちら 03-6667-3400


【日本リサーチセンター】Home >> 調査レポート一覧 >> 調査レポート詳細

調査レポート

ギャラップ・インターナショナル「韓流ブームについての日韓共同調査結果」―ヨン様ブームや韓流ブームは、日韓の親密感の増大に貢献―

公表日 2005年1月18日

 (株)日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、韓国のギャラップインターナショナル・メンバーであるGallup Korea社(本社:韓国ソウル市、社長:Moo Ik Park)と共同で、「日本における韓流ブームについての日韓共同調査」を昨年の12月に実施しました。
 その調査結果を発表いたします。調査結果の詳細については添付資料をご参照ください。

1. 要約

 「ヨン様ブーム」や「韓流ブーム」は日韓両国の親密感の増大に貢献していると考えられる。
近年、サッカーW杯の共同開催の成功や韓国における日本文化の解禁などの背景要因もあるが、この調査結果からも、日韓両国において感情的なしこりが少なくなり、文化面や経済面でのより深い交流まで発展していく兆しが伺える。

2. 調査概要

日本 韓国
調査地域 首都圏1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県) 大都市部(ソウル、プサン、テグ)
調査対象 20〜69歳の男女個人
(有効回数数:300サンプル)
20〜69歳の男女個人
(有効回数数:289サンプル)
調査方法 インターネット調査 電話調査
サンプリング方法 当社のパネル登録者の中から、性・年齢別にサンプル割り当て 地域/性/年齢別にサンプル割り当て
調査時期 2004年12月14日(火)〜15日(水) 2004年12月13日(月)〜14日(火)
■ お問い合わせ窓口
株式会社 日本リサーチセンター 世論調査研究所
TEL 03-6667-3400(代表)