日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。


お電話でのお問い合わせはこちら 03-6667-3400


【日本リサーチセンター】Home >> 調査レポート一覧 >> 調査レポート詳細

調査レポート

ギャラップ・インターナショナル 国際世論調査ーボランティア活動について〜過去1年間に地球市民の3割が参加〜

公表日 2005年12月22日

  (株)日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、鈴木稲博社長)が加盟しているギャラップ・インターナショナル・アソシエーション(GIA)では、加盟69カ国の国民を対象に世界が直面しているさまざまな問題についての世論調査「The Voice of the People Survey(世界の人々の声)」を毎年実施しています。
 各国の調査結果はGIAの本部で分析中ですが、このほど「国際ボランティアの日(12月5日)」にちなんで、「ボランティア活動への参加経験」に関する調査結果が発表されました。この世界向けニュースリリースに日本の結果を加えた日本版を発表します。

調査要旨

  (1) 世界中の人々の28%が、「過去1年間にボランティア活動に参加したことがある」と回答。
  (2) 地域別にみると、ボランティア活動への参加率が最も高かった地域は北米(45%)だったが、アフリカのような発展途上国においても都市部の人々では、4割がボランティア活動に参加している。
  (3) ヨーロッパをみると、西ヨーロッパと東・中央ヨーロッパではボランティア活動への参加率に顕著な差がみられ、西ヨーロッパは28%に対して、東・中央ヨーロッパでは14%だった。
  (4) 国別にみた場合、ノルウェー(67%)、カナダ(57%)、スイス(50%)、米国(44%)などがボランティア活動への参加率が高く、フランス(30%)、ドイツ(29%)、イギリス(30%)などの先進国が平均並。日本(25%)、韓国(22%)は全体平均に比べやや低く、同じアジアのベトナム(48%)、タイ(46%)より低かった。

詳細に関しましては、下記PDFファイルを参照ください。

■ お問い合わせ窓口
株式会社 日本リサーチセンター マーケティング企画部
TEL 03-6667-3400(代表)

ギャラップ・インターナショナル・アソシエーションとは

ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション
http://www.gallup-international.com/
1947年にジョージ・ギャラップ氏とヨーロッパの仲間によって設立され、チューリッヒに本部があります。現在世界の60カ国以上にメンバーを持ち、100カ国以上の国々で世論調査や市場調査を実施しています。