実施中の調査

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所から委託された
 「第14次 日本人の国民性調査」を実施しています

公表日 2018年10月23日

 株式会社日本リサーチセンター(本社・東京都中央区、社長・鈴木稲博)では、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所の委託を受け、「第14次 日本人の国民性調査」を実施しております。


 この調査は、昭和28年(1953年)から5年ごとに継続している調査で、その時々の日本人が何をどう考えていたのかを記録し、後世に伝えていこうという研究プロジェクトです。

 特に今回は、平成という時代に行われる最後の調査であり、平成30年間の集大成として、日本人の考え方がどのように変わったのか、いま何を考えているのかに注目しています。


 この調査の結果は、マスコミや教科書等で取り上げられるばかりでなく、国内外の学術書をとおして日本社会の研究に広く活用されております。調査は学術研究のために行うものですから、データの管理は徹底し、あなた様のお名前やお答えを他にもらすようなことは絶対にございません。


 今の日本人のものの見方や考え方を知り、未来に伝えていくうえで、あなた様のご意見は大変貴重なものです。調査の委託先である()日本リサーチセンターから調査員がおうかがいしますので、お忙しいところ誠に恐縮ですが、調査の趣旨をご理解いただき、ぜひご協力くださいますよう伏してお願い申し上げます。


●調査期間 : 201810月下旬~11月末


●調査対象 : 全国の満20歳~84歳の男女個人 6,400名 (住民基本台帳の中から層化二段無作為抽出)


●調査方法 : 調査員による個別訪問面接法



大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所のホームページはこちら

http://www.ism.ac.jp/

http://www.ism.ac.jp/survey/index_j.html

お問い合わせ窓口

株式会社 日本リサーチセンター 「日本人の国民性調査」担当
担当:蔵田・今田
電話番号:0120-677-061(平日10:00~12:00/13:00~17:00、土日祝祭日を除く)

お問い合わせ