NRCレポート

レジャーに行くならあなたはどっち?

データウォッチ 生活・ライフスタイル

公表日 2017年04月13日

旅行に行くなら「国内」か「海外」か。泊まるのは「ホテル」か「旅館」か。それぞれ好みは分かれましたが、年代別に見ると好みに傾向があるようです。さて、あなたはどっち?


Q1 レジャーに行くなら、「海」か「山」か?

img_170413_01.gif

若年層になるほど「海」が多数となり、20代以下では6割に達しています。40代、50代では「どちらともいえない」が最多で、60代以上では「山」が「海」を上回りました。


Q2 レジャーに行くなら、「電車」か「車」か?

img_170413_02.gif

どの年代も「車」が「電車」を圧倒していますが、70代は「電車」が比較的多くなっています。


Q3 旅行に行くなら、「国内」か「海外」か?

img_170413_03.gif

「海外」は若年層で比較的多く、特に15~19才では「海外」が41%と「国内」を上回りました。


Q4 国内旅行をするなら、「北海道」か「沖縄」か?

img_170413_04.gif

高齢になるほど「北海道」が多くなり、60代、70代で半数を超えています。一方、若年層になるほど「沖縄」が多くなり、20代以下では「沖縄」が「北海道」を上回っています。


Q5 国内旅行で宿泊するなら、「シティホテル」か「温泉旅館」か?

img_170413_05.gif

「温泉旅館」は高齢になるほど多く、50代以降では7割を超えます。「シティホテル」は20代以下では20%以上と比較的多くなりました。


年代別にみるレジャー意識のまとめ


 二者択一で日本人の好みを探る「あなたはどっち?」のレジャー意識は、年代別で傾向が分かれました。10代、20代のレジャーの行き先は、「山より海」、国内旅行は「北海道より沖縄」。きれいな海や夏の開放感=沖縄を若年層は求めるようです。「海より山」は、30代で少し増えますが、40代で下がり50代から徐々に上がって60代以降で多くなります。確かにシニア層に登山は人気です。健康志向もあり、登山はウォーキングの延長にある親しみやすいレジャースポーツなのかもしれません。
 旅行に行くなら「国内」か「海外」かでは、10代は「海外」が多く、それ以降の世代では「国内」が多いという結果になりました。気になったのは20代に「国内」派が多いこと。この結果だけで判断はできませんが、もし若年層の間で海外の文化、慣習に触れたいという意識が薄れているのであれば、非常に寂しく感じます。


調査概要

調査対象
 全国15~79歳男女
有効回収数
 1,200 サンプル *住宅地図データベースから世帯を抽出し、個人を割り当て
調査方法
 調査員による個別訪問留め置き調査
調査期間
 2016年5月6~18日
調査担当者
 株式会社日本リサーチセンター

お問い合わせ窓口

株式会社 日本リサーチセンター
担当:広報室
お問い合わせ専用Eメール information@nrc.co.jp