日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。


お電話でのお問い合わせはこちら 03-6667-3400


【日本リサーチセンター】Home >> 調査レポート一覧 >> 調査レポート詳細

調査レポート

「和食とは・・・」連想イメージについての調査(2013年10月調査)

公表日 2013年12月13日

 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。
 民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。
 このたびWeb調査により『和食とは・・・』連想イメージについての調査(2013年10月調査)を企画・実施し、取得した自由回答をテキストマイニングにより分析いたしました。

ここに、レポートを発表いたします。ご高覧いただければ幸いです。

主な調査項目

  • 和食の連想イメージは?
  • 和食の具体的メニューや食品は?
  • 洋食と比べた和食の定義や条件とは?
  • 上記3問を合わせて分析すると?
  • 上位40ワードは?

調査概要

1. 調査手法
web調査
2. 調査時期
2013年10月18日〜20日
3. 調査対象
全国15〜79歳男女1,200人(国調構成比に合わせて、性年代とエリアを割付)

調査結果の要約

ユネスコの無形文化遺産への登録が決まり、今、あらためて「和食」に関心が集まっています。日本人が考える「和食」の現在のイメージは、どのようなものでしょうか。一般的によく言われているような”一汁三菜”すなわち、ご飯を中心に、汁物、主菜、副菜イメージに集約されるのでしょうか。
 本調査は、全国15〜79歳男女1,200人の方に、和食のイメージを自由回答形式で質問してみました。

その分析結果をみると、
  • 和食といえば、「ご飯」「味噌汁」「焼き魚」「煮物」「納豆」「漬物」などの想起が多くあげられました。やはり日本人が考える和食とは、家でふだん食べているメニューの「一汁三菜」が基本であることがうかがわれます。
  • 一方で、「お寿司」「刺身」「天ぷら」「すき焼き」「懐石料理」なども多く、これらは家庭内メニューというよりも、日本料理店など”ソト”で食べる和食の代表メニューといえるでしょう。海外での和食人気の高まりの影響があるのかもしれませんが、和食は家庭における「一汁三菜」イメージにおさまらず、「ソト」で食べるメニューとしてのパワーも大きくなっているようです。
  • また、「素材の味をいかした味付け」「あっさりした味で低カロリー」「ヘルシーで良い」という声や、「出汁」「醤油」「味噌」の日本独特の調味料や、「箸で食べる」も和食のキイワードと言えます。

詳細に関しましては、下記PDFファイルをご参照ください。

「和食とは・・・」連想イメージについての調査(PDF:960KB)
■ お問い合わせ窓口
株式会社 日本リサーチセンター
担当 土井、風間、今井
TEL 03-6667-3400(代表)