先輩社員紹介

当社の先輩社員をご紹介いたします。

中垣 花瑠奈

日々新しい発見があり自分の成長にもつながるので、ワクワクしながら仕事に取り組んでいます。

中垣 花瑠奈
[入社]2019年入社
[出身]明治大学法学部法律学科

学生時代の専攻など

難民や移民問題に関心があったので、国際法を専攻していました。 ただ、法律の勉強もほどほどに、イスラーム文化、ジェンダー論、哲学、異文化理解といった法律から逸脱した授業にばかり出ていました。 どれもとても面白く、幅広い視点を与えてくれるものでした。 特に、ドイツのポップミュージックの多彩さが、難民や移民と繋がりがあることに気が付いたときは、この世界のあらゆる事象というのは、 掘り下げれば必ずどこかで繋がっているという嬉しい驚きをもたらしてくれました。 自分の頭で考えて、自分なりの意見を持つということをこういった授業に参加したことで鍛えられたと思っています。

仕事に活きていること

契約条項を読むことにそれほど抵抗がないといったくらいでしょうか。 逆に、統計やマーケティングを学んでいなかったので、すべてのことが新しく、先入観もなく、どんな案件でも面白いと思えるのは得だと思います。 また、先述したように、あらゆることは必ずどこかで繋がっているはずなので、今は自分の興味関心ごととの繋がりを見い出せなくても、 いつか、ふと繋がりに気が付けるときがくるのではないか、というワクワク感とともに仕事に取り組むことができています。

日本リサーチセンターの
いいところ

先輩方のクライアントとのメールのCCに入れていただくことが多いのですが、そのやり取りの中で、クライアントから、 「対応表が大変わかりやすく助かります」「見やすいレイアウトのご提案ありがとうございます」というようなお返事を目にします。 こういうお返事をいただける程、細かいところまで気配りができるのが、当社のいいところではと感じています。 細かいところまで丁寧にするということは、一見難しくないように思えますが、日々いくつものプロジェクトを抱え、時間にリミットがある中では、なかなか対応できるものではありません。 こういったやり取りを目にすることで、自分の甘い考えが変化していきました。 個人個人の良さが会社の良さとなっていくのだなと感じ、引き継いでいきたいと思っています。

李 寧仁

創業60年のノウハウの蓄積から新しい知識を身につける楽しみがあります。

李 寧仁イ ヨンイン
[入社]2017年新卒入社
[出身]高麗大学(韓国)日本語日本文学科

学生時代の専攻など

学部生の時川端康成の「雪国」をテキスト分析を利用して解析する講義に参加したのがきっかけで調査の手法やデータの集計に興味を持つようになりました。大学卒業後に政府支援の「職業訓練課程」に参加し「ビッグデータ分析」過程を修了しました。「ビッグデータ分析」のカリキュラムでは統計局のデータを使いデータを分析し、その分析結果が正しいかを検証することで社会調査の一連の流れを学びました。

仕事に活きていること

データ分析のカリキュラムで経験した社会調査の一連の流れは、自分が所属している部署が調査のどの段階に位置し、自分がその中でどのような役割を担当しているかを把握することに役立ちました。文学を専攻した経験は集計や分析に直接関わるスキルではありませんが、データ分析の前に設問や回答のニュアンスから矛盾を探し出してデータの正確性を向上させることに活かされていると思います。 業務によってはより専門性や経験が必要な場合も多いですが、創業60年の会社であり各部署で業務の歴史が長く、会社にいろいろな調査に対するノウハウが蓄積されているので、自分は新しい知識を身につける楽しみを感じます。

日本リサーチセンターの
いいところ

  • さまざま分野や業界のクライアントを持っており、多様な分野の傾向をより早く確認できる。
  • 各分野ごとに担当する部署が区分されており、分野ごとに専門的な知識や経験を得ることができる。
  • 自宅勤務と出社勤務の両立ができているため、柔軟に仕事を行う勤務環境が提供されている。
対馬 憂哉

より専門的に自分はどの分野に注力したいのかを考えながら、日々業務に取り組む楽しみがあります。

対馬 憂哉
[入社]2017年入社
[出身]東洋大学経営学部マーケティング学科

学生時代の専攻など

マーケティングを専攻しており、中でも、調査の手法やデータの集計といった、実践的な側面を強く感じたマーケティングリサーチの講義に興味を持ち、その講義を担当していた教授のゼミに所属していました。 ゼミ活動では、研究テーマに沿って仮説を構築し、実際にアンケートを取ってその結果が統計的に正しいかを明らかにするといった、実践的な流れを学んでいました。

仕事に活きていること

学生時代に①仮説構築 ②調査票の作成 ③調査の実施 ④集計 ⑤分析といった、調査の流れを実際に経験していたことは、自分が携わる業務の前後を想像して働く上で非常に役立ちました。 業務は、分野ごとに担当する部署が変わるため、調査の手法が多岐にわたり、専門的な知識が求められるなど、経験外のことももちろん多く存在しています。 そうした中で、より専門的に自分はどの分野に注力したいのかを考えながら、日々業務に取り組む楽しみがあります。 マーケティングリサーチと聞くと難しく感じますが、それぞれのタスクに切り分けてみると、皆さんのやりたいことに繋がっているのではないかと思います。

日本リサーチセンターの
いいところ

  • フレックスタイム制度で自由なスケジュール
    制度だけで活用が難しいと思われがちですが、誰もが活用しており、自分に合うスケジュールで業務に取り組めます。
  • 穏やかなオフィス
    勤務時の服装が自由といったことをはじめ、社員同士の交流も多く見られる、堅苦しさのないオフィスです。
  • 安定した業務
    長年培ってきた信頼で継続的に実施される調査が多く、安定した業務が続いています。
禹 貞喜

国内外企業の新しいマーケットへの進出と
市場拡大に必要な分析を提供していきます。

禹 貞喜ウ   ジョンヒ
[入社]2017年入社
[出身]早稲田大学政治経済学部、浙江大学(中国)公共政策大学院

学生時代の専攻など

学部生のときは、「東アジア」という地域を深く理解したいとの思いから、日中韓の政治体制、経済発展の過程、外交関係、国際協力などを勉強しました。中国の現代政治経済を学ぶゼミで、中国出身の先生と日本人の学生たち、韓国出身の私がそれぞれの観点から意見を話し合ったことが印象に残っています。
大学院では、中国の経済発展政策とその効果、及び副作用をもっと知りたいと考え、中国にあるグローバル企業の生産工場の労働環境をテーマに論文を書きました。

仕事に活きていること

日本から海外へのアウトバウンド調査では、韓国と中国が対象となることが多いです。特に中国は、市場としての重要性が大きくなり、消費者の意見とニーズを把握するための調査が多くなっています。調査を企画し、質問と選択肢を作成するとき、また調査結果を分析するときは、対象となる国の社会や文化を理解する必要がありますが、学生時代の勉強と経験を活かして仕事を進めています。
もちろん、韓国と中国が対象となる調査でもあまり知らなかった業界の調査であったり、行ったことのない地域を調査したりすることも多いので、世界各国のさまざまな業界を理解するための情報収集を続けています。今までの勉強と経験を活かし、国内外企業の新しいマーケットへの進出と市場拡大に必要な分析を提供していきます。

日本リサーチセンターの
いいところ

  • 国内外の企業はもちろん、官公庁や大学の調査もあるので、幅広い分野と調査方法を経験できる
  • 頼れる先輩が多いので、相談しやすく、経験のない調査方法にもチャレンジできる
  • 興味深いさまざまな調査の結果を誰よりも早く確認できる
  • フレックスタイム制を使って、自分でスケジュールを調整できる