セグメンテーション分析

調査対象者をセグメンテーションすることで
効率的なマーケティング活動が可能になります。

「セグメンテーション分析」はマーケティングリサーチの分析手法の一つで、その分析では「クラスター分析」がよく利用されます。
「クラスター分析」とは、マーケティングに関係する多変量のデータから、類似性の高い人を集めてグループ(クラスター)を作る手法です。人をセグメンテーションすることで、効率的なマーケティング活動をすることが可能になります。

「NRC食クラスター」のご紹介

生活の最も基本的なテーマである「食」に注目し、その嗜好性や意識の違いによって生活者をセグメントした「NRC食クラスター」をご紹介します。
全国の男女に対して、食生活や食意識に関する質問を行い、クラスター分析の結果から7つの食クラスターを作成しました。

あなたの食クラスターを判定

では、あなたご自身は、7つの食クラスターのどれに該当するでしょうか?
食に関する「10の質問」に回答してみてください。
あなたの食クラスターを判定してみましょう。

あてはまる ややあてはまる どちらともいえない あまりあてはまらない あてはまらない
自分の今の食生活は栄養が偏っていると思う
栄養バランスのよい食事をこころがけている
食品の安全性を気にしている
野菜や肉、魚は、原産国を気にする
ハンバーガー等のファストフード店をよく利用する
牛丼店等の和風のファストフード店をよく利用する
有名なお店や評判のお店に行くことが好き
おいしいものの食べ歩きをするのが好き
食事はお腹がいっぱいになればよい
食事に手間ひまや時間をかけたくない

NRC食クラスター 
7つのクラスター俯瞰

7つのクラスターの概要は以下の通りでした。

【食クラスターマップ① ポジショニング】

【食クラスターマップ① ポジショニング】

「アクティブ食マイスター」は、食にお金と手間をかけてもよいと考えている、食に対してこだわりの強いクラスターです。
「個食のアンチグルメ」は、お腹がいっぱいになればよしと考えるような、食に無頓着なクラスターです。
この2つのクラスターは、食へのこだわり度(食コミットメント)が大きく違っており、マップ上では対極に布置されました。

「外食グルメチャレンジャー」は、新しい食情報やお店に関心が高く、新しいものを受容する意識が高いクラスターで、「内食コンサバティブ」は、新しい食や外食には興味がなく、むしろ食べ慣れないモノや変わったモノを嫌う保守的クラスターです。
この2クラスターは、新しい食への興味関心が高いか、低いかで分かれています。

「健康第一おふくろの味」は、食の安全性を気にしつつ、栄養バランスの良い食生活を心がけているヘルシーなスローフード志向派です。
一方で、「自由奔放お手軽食」は、安全性や栄養バランスはあまり気にせず、食べたいものを自由に食べているファストフードOKのクラスターです。
この2クラスターは、堅実でヘルシーなスローフードか、自由奔放にファストフード利用かで、志向する方向性が違っています。

「平均的日本人」は、ほとんどの傾向が平均的で、これといった特長がみられないクラスターです。
全体の20%と、ボリュームが一番多くありました。

【食クラスターマップ② 属性との関係】

エリア構成比

【食クラスターマップ③ 属性との関係】

エリア構成比

【セグメンテーション分析】「NRC食クラスター」のご紹介