使用実態調査(U&A調査)

業界や貴社の課題を最適にカスタマイズ。
使用実態調査の最適な提案を致します。

使用実態調査とは、企業ドメインの製品・サービスの購入や使用実態や意識を把握するマーケティング戦略についての基礎的な調査になります。
英語でUsage & Attitude Surveyと呼ばれU&A調査と略されることもあります。
個々の戦略立案の手前の分析や、ベンチマークとなることも多い調査であり、他部門間で共有されることが多く、実態に偏りのないデータの品質が重要になる調査でもあります。
また定期的に自社ブランド・競合ブランドの購入・使用実態をトラッキングすることが活用の上で必要になります。

当社では、多くの公的調査や学術的調査を受託しておりデータ品質の信頼性から、使用実態調査でも多くの実績があります。
業界や貴社の課題に対し最適なカスタマイズを行った使用実態調査をご提案させていただきます。

購入実態の比較

製品・サービスの基礎的な指標としては、認知率や購入率があります。
これらをベンチマークとして、個々の戦略の目標や成果の数値に利用することができます。
また自社と他社でどのように違うのかを比較することで、自社の強みや弱みを理解することができます。

購入実態の比較・グラフ

属性別分析

マーケティングでは、様々な切り口で生活者のターゲッティングを行うことがあります。
性別や年代別などの生活者の基礎的属性で認知や購入率の差を見て生活者のプロファイリングを行うことができます。

属性別分析・グラフ

ポジショニング分析

統計的分析を行うことで、ブランドや生活者の特長をビジュアル的に把握することができます。
その例として、コレスポンデンス分析があります。この図では各ブランドに対して顧客が持つイメージが強いものほど、そのブランドの近くにプロットされています。
使用実態調査の結果にコレスポンデンス分析を組み合わせることで、市場の中の自社ブランドの立ち位置をより明確にすることができます。

ポジショニング分析 / コレスポンデンス分析・グラフ