実施中の調査

「試合における安全確保とフェアプレイ推進に関するアンケート」を実施しています

公表日 2019年01月23日

 株式会社日本リサーチセンター(本社・東京都中央区、社長・鈴木稲博)では、公益財団法人日本テニス協会の委託を受け、「試合における安全確保とフェアプレイ推進に関するアンケート」を実施しております。

 この調査は、公益財団法人 日本テニス協会の「平成30年度 テニス環境等実態調査」の一環として、各エリアのテニス協会を対象として、試合における安全確保やフェアプレイの推進活動の実施状況について、お伺いするものです。

 日本テニス界としての熱中症やその他の事故防止とフェアプレイの推進に向けた今後の取り組みの参考とするため、大会ディレクター各位に調査にご協力頂ければ幸いです。

 下記より、ワードファイル形式の調査票をダウンロードできますので、ご利用ください。
 ※ワードファイルにはパスワードがかかっております。パスワードは、お送りした調査票の表紙をご覧ください。

   調査票「試合における安全確保とフェアプレイ推進に関するアンケート」

「試合における安全確保とフェアプレイ推進に関するアンケート」

  • 調査期間:2019年1月~2月
  • 調査対象:各都道府県および地域のテニス協会の大会ディレクター
  • 調査方法:郵送調査

日本テニス協会 ホームページ
http://www.jta-tennis.or.jp

お問い合わせ窓口

株式会社日本リサーチセンター
担当:蔵田(クラタ)
フリーダイヤル:0120-030-551
(平日10時~12時/13時~17時)