NRCレポート

エンド・オブ・イヤー サーベイ
 2014 -65 ヵ国グローバル調査

2015年の景気の見通しは、世界全体は改善、日本は後退。幸福感は、世界全体、日本とも高まる
WIN/GIA グローバル

公表日 2015年01月13日

株式会社日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、鈴木稲博社長)が加盟しているギャラップ・インターナショナル・アソシエーションでは、昨年10月から11月にかけて、世界65カ国の人々を対象に、国際世論調査「エンド・オブ・イヤー サーベイ2014 -65ヵ国グローバル調査-」を実施しました。

この度、その調査結果がリリースされましたので、日本の調査結果を加え、日本版レポートを発表いたします。ご高覧いただければ幸いです。

主な調査項目

  • 1. 2015年の世界、および日本の景気見通し / 2014年の幸福感
  • 2. 有事の際、国のために戦うか

調査結果の要約

  • 1.2015年の世界、および日本の景気見通し / 2014年の幸福感

  •  ●2015年の景気が「良くなる」は、世界全体では前回より増加、日本では減少。世界

  •   全体、日本とも、幸せを感じている人が増加傾向。

  • 2.有事の際、国のために戦うか

  •  ●世界全体では、有事の際、国のために「戦う」が6割、日本では「わからない」が

  •   5割弱。

調査概要

調査方法
 訪問調査、電話調査、オンライン調査
調査対象
 世界65カ国
有効回収数
 64,002人(サンプル)
調査期間
 2014年10月~11月

詳細は、下記PDFファイルをご参照ください。
「エンド・オブ・イヤー サーベイ 2014 -65 ヵ国グローバル調査-」

◆WIN and ギャラップ・インターナショナル・アソシエーションとは

お問い合わせ窓口

株式会社 日本リサーチセンター
担当:広報室
お問い合わせ専用Eメール information@nrc.co.jp