NRCレポート

エンド・オブ・イヤー サーベイ  
 2018 -50カ国グローバル調査-

ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション 国際世論調査
WIN/GIA グローバル

公表日 2019年01月21日

株式会社日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長 鈴木稲博)が加盟している ギャラップ・インターナショナル・アソシエーションでは、2018年10月から12月にかけて世界50カ国の人々を対象に国際世論調査「エンド・オブ・イヤー サーベイ」を実施しました。 
 この度、その調査結果がリリースされましたので、日本の属性別調査結果を加えて、日本版レポートを発表いたします。ご高覧いただければ幸いです。

主な調査項目

  • 1.2019年は良い年になる?
  • 2.2019年は世界がもっと平和になる?

調査結果の要約

  • 1.2019年は良い年になる?

  •  ●2019年が2018年より「良くなる」は、世界全体で39%、日本では24%

  •  ●世界と比較すると、日本の回答は、「良くなる」と「悪くなる」が少なく、「変わらない」と「わからない」が

  •   多くなっている。



  • 2.2019年は世界がもっと平和になる?

  •  ●2019年は「世界がもっと平和な年になる」は、世界全体で27%、日本では9%

  •  ●世界と比較すると、日本では、「世界がもっと平和な年になる」の割合が18ポイント少ない。また、「わからな

  •   い」の割合が16ポイント多い。

調査概要

調査方法
 訪問調査、電話調査、オンライン調査
調査対象
 世界50カ国
有効回収数
 48,745人(サンプル)
調査期間
 2018年10月~12月

詳細は、下記PDFファイルをご参照ください。
エンド・オブ・イヤー サーベイ  2018 -50カ国グローバル調査- _ 市場調査・日本リサーチセンター(NRC).pdf

◆ギャラップ・インターナショナル・アソシエーションとは

お問い合わせ窓口

株式会社 日本リサーチセンター
担当:広報室
お問い合わせ専用Eメール information@nrc.co.jp