NRCレポート

公営競技・ギャンブルの
購入状況、今後の観戦・購入意向などについて
~競輪編~

エンターテイメント 時事・トレンド

公表日 2022年06月13日

コロナ禍で売上が好調と言われ、スポーツベッティングの解禁も議論されている、公営競技・ギャンブルについて、それぞれ、日本リサーチセンターでは、インターネット調査を使い、「地方競馬」「ボートレース(競艇)」「オートレース」「競輪」「パチンコ・スロット」「公営競技・ギャンブル全体」の購入状況、今後の観戦・購入意向などを調べました。

4日目は、【競輪】についてです。

★主な調査内容★

    • ・競輪の購入経験
    • ・競輪の購入手段・方法
    • ・競輪の今後の観戦・購入意向
    • ・今後、新たに観戦・購入する場合のきっかけ
    • ・各施策の認知状況
        (ライブ映像を無料視聴できること、AbemaTVで中継を視聴しながら購入できることおよびレース命名権の購入意向)

      ★主な調査結果★


競輪の購入経験


  • 競輪の購入経験を全体でみると、「購入経験あり」は9.7%。

  • 2022年の購入状況は、全体で4.0%。

  • 微増ではあるが増加傾向にある。

  • 競輪①経験.png


    競輪の購入手段・方法


  • 競輪の購入手段を、2022年購入者に聞くと、「インターネット投票」(70.0%)が最も高い。

  • 購入方法は、2022年購入者でみると、「インターネット投票のみ」(55.0%)が最も高い。

  • 競輪②手段.png


    競輪の今後の観戦・購入意向


  • 競輪の今後の観戦・購入意向は、「継続意向」(7.2%)と「新規意向」(5.4%)を合わせた"観戦・購入意向者"は12.6%。

  • 「新規意向」(5.4%)に対して、「離脱意向」(2.5%)となっている。

  • 観戦・購入意向者に、どの方法で観戦・購入したいかを聞くと、「インターネット投票で購入したい」(49.2%)が最も高い。また、「競技場に行きたい・計」は51.6%となっている。

  • 競輪③意向.png

  • 今後、新たに観戦・購入する場合のきっかけ
  • 各施策の認知状況
    については、下記PDFファイルをご参照ください。

      • ★調査まとめ★

    競輪④まとめ.png
    お問い合わせ窓口

    株式会社 日本リサーチセンター
    担当:営業企画本部営業企画部第3チーム 渕上