NRCレポート

公営競技・ギャンブルの
購入状況、今後の観戦・購入意向などについて
~公営競技・ギャンブル市場全体~

エンターテイメント 時事・トレンド

公表日 2022年06月15日

コロナ禍で売上が好調と言われ、スポーツベッティングの解禁も議論されている、公営競技・ギャンブルについて、それぞれ、日本リサーチセンターでは、インターネット調査を使い、「地方競馬」「ボートレース(競艇)」「オートレース」「競輪」「パチンコ・スロット」「公営競技・ギャンブル全体」の購入状況、今後の観戦・購入意向などを調べました。

最終日は、【公営競技・ギャンブル市場全体】についてです。

★主な調査内容★

    • ・公営競技・ギャンブル市場の現状
    • ・公営競技・ギャンブル市場の今後
      • ※本レポートでは、「公営競技・ギャンブル市場」=中央競馬(JRA)、地方競馬、ボートレース(競艇)、オートレース、競輪、パチンコ・スロットを指します。

      ★主な調査結果★


購入・遊技経験


  • 公営競技・ギャンブル全体の、購入・遊技経験者は、回答者全体の44.1%。

  • 2022年の公営競技・ギャンブル全体の購入・遊技状況は、全体で20.0%。直近4年間では、年々増加傾向にある。

  • すべての公営競技・ギャンブルで2022年の経験者の割合が最も高く、コロナ前の2019年に比べて、いずれも経験者は増加傾向。

  • 全体①購入経験.png


    購入・遊技状況(競技間)


  • 地方競馬、ボートレース、オートレース、競輪の購入経験者のほとんどの人が、複数の公営競技・ギャンブルの購入・遊技経験がある。

  • 各公営競技・ギャンブル購入・遊技経験者について、他の公営競技・ギャンブルの購入・遊技経験をみると、地方競馬、ボートレース、オートレース、競輪購入経験者の7~9割は「パチンコ・スロット」遊技経験がある。

  • オートレース購入経験者は、他の公営競技・ギャンブルのそれぞれを購入・遊技している傾向が高い。

  • 全体②競技間.png


    今後の購入・遊技意向


  • 公営競技・ギャンブル全体の今後の購入・遊技意向を全体でみると、「購入・遊技意向あり」は30.4%。

  • 公営競技・ギャンブル別でみると、「地方競馬」(16.3%)が最も高い。次いで、「パチンコ・スロット」(15.5%)、「ボートレース」(11.1%)が続く。

  • 全体③以降.png


    今後の観戦・購入・遊技意向(競技間)


  • 各公営競技・ギャンブル経験者について、今後の観戦・購入・遊技意向をみると、

  • 各公営競技購入者の7~8割はその競技の継続意向があるが、パチンコ・スロットは41.7%と低い。(図表青枠)

  • オートレース購入経験者は他に比べて、他の公営競技・ギャンブルへの観戦・購入・遊技意向が高い。(図表赤枠)

  • これまでに公営競技・ギャンブルの購入・遊技経験がなかった人の、今後の観戦・購入・遊技意向は、「地方競馬」(6.1%)が最も高い。

  • 全体④競技間.png

  • 施策の認知状況

    については、下記PDFファイルをご参照ください。

      • ★調査まとめ★

    全体⑤まとめ.png
    お問い合わせ窓口

    株式会社 日本リサーチセンター
    担当:営業企画本部営業企画部第3チーム 渕上

    お問い合わせ